補聴器に慣れるために

 イラスト:装用練習の方法

 

 

 

補聴器を購入し、装用したからといって、すぐに昔のように聴こえが蘇る、という訳ではありません。

先に述べたように、音を音として認識するのは、あくまで脳だからです。

しかし、補聴器を装用し耳に音を入れることにより、その音がどんな音なのか次第にわかるようになるでしょう。

そうなるためには、毎日適切な訓練や練習により、補聴器の聴こえに慣れることが大切です。

仮に、すぐには馴染めなくても、簡単にあきらめたりせず、お店の方に装用の指導を受けながら、             忍耐強く毎日規則正しい練習をする事が、よい結果をもたらす事になります。                      廻り道に見えてもそれが近道です。

『装用練習の方法』を見ながら、補聴器の聴こえに慣れる練習をしましょう。

 

 

  • 静かな場所で周囲の物音に耳をすませてみましょう。

    最初からうるさい環境だといろんな音が入ってきて、うるさく感じてしまいます。最初は1時間くらいでやめましょう。

 

  • 静かな場所で、ひとりごとやほんの朗読をゆっくりとしてみましょう。

    補聴器を装用すると、自分の声が少し違って聴こえます。それに慣れるようにしましょう。

 

  • 静かな場所で、身近な人と向き合って1対1で会話してみましょう。

    相手には、ゆっくりはっきり、話してもらいましょう。相手の口や手振り、身振りもよく見ましょう。

 

  • 慣れてきたら、今度は3〜5人くらいの人に会話してもらいましょう。

    どの人が話しているのか、注意して聴いて下さい。

 

  • テレビやラジオを聴いてみましょう。

    機械音であるため、これらの音は本来聴きづらいのですが、いつもより、小さめの音で聴いてみましょう。

 

  • 会話の聴き取りにも慣れてきたら、日常生活の様々な場所に行ってみましょう。

    音量は少し小さめにして聴いてみましょう。